内臓脂肪 撃退 短期間

短期間で内臓脂肪を減らす方法は?

内臓脂肪はぽっこりお腹でちょっと恥ずかしい。
特に、夏場の薄着の季節や、海やプールに行く時はかなり恥ずかしい。
そんな時には、どうにか短期間で脂肪を落としたいと考えるところですよね。
内臓脂肪は、付きやすいのですが、落としやすいのも特徴なので、どうにか短期間で落とせる術はないかと模索してみました。

 

すると、意外なことに出てきた答えは、「ウォーキングや水中ウォーキングを毎日続ける」というもの。
そして、食生活を改善すれば、簡単に内臓脂肪は落ちるのだとか…。
さらに、サプリを補助として使用するともっと早く効果が出るという噂さえも…。
本当なのかどうなのか。
ちょっと信じがたいのですが、実際に効果がある人とない人がいるのも事実。
そこで、原因を探ってみると、どうやら効果が出る人は有酸素運動を20分以上行っている。
しかし、効果が出ていない人は、10分〜15分程度で終えてしまっている人が多いかなといった答えが見えてきました。

 

 

あとは、食事の内容だけでなく、やっぱり量も抑えなければならないのだそうです。
腹八分目。
これ以上食べ続けると、内臓脂肪は増えやすくなるので、注意した方がよさそうです。
また、なるべく多く噛んで食事をすることで、満腹中枢が刺激を受けて腹いっぱいサインが早く出るので、「食事はよく噛んで、腹八分目」を心掛けましょう。

 

また、やりがちなのが、食事制限を行うこと。
これは、逆効果の場合があります。
体重が減ったとしても、それは内臓脂肪が減っているわけではない場合もあり、必要な筋肉や脂肪が落ちてしまっては元も子もありません。
なので、最短ルートで内臓脂肪を落とすのは、まじめにコツコツ継続して運動や食事の質を考えながら栄養を摂ることです。

 

有酸素運動であるウォーキングを行った後は、筋トレを行うとなおのこと効果が現れやすいので、決して無理のない範囲で、でも少しは自分に厳しく、まずは1か月継続してみてください。
早い人だと、1か月でだいぶお腹がへこむ人がいるそうです。
そして、3か月続けられたらもう多くの人はだいぶ変わってきていることでしょうね。

 

本当は1週間でどうにかしたい!という人もいるかもしれませんが、これはあまりよくありません。
体に急速な変化を与えると、体はそれについていけず、逆に自分を守ろうとしてしまって逆効果なんてこともありますので、ご注意を。
「急がばまわれ」まさにそのとおりだと僕は思います。
まだ内臓脂肪撃退をはじめてから間もない僕ですが、なんとか自分のできる範囲で行っています。
不思議と、お酒も週に2回は休肝日を設けても平気になりましたし、体も元気な感じがしてます。
ゴロゴロするだけではだめですね。
体は動かして何ぼだとも思いました。
皆さんも、どうか内臓脂肪レベルを標準レベルにもっていけるように、自分に合った運動、食事でスッキリお腹を目指してください!